ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRIBUTE TO FLIPPER’S GUITAR 
2004.05.08.Sat / 20:00 
TRIBUTE TO FLIPPER’S GUITAR

1.GROOVE TUBE (グルーヴ・チューブ) / イズミカワソラ

2.THE CHIME WILL RING (やがて鐘が鳴る) / hurdy gurdy meets marseeside derby (Seizi Kimura from ZEPPET STORE)

3.CAMERA! CAMERA! CAMERA! (カメラ! カメラ! カメラ! ) / Roboshop Mania

4.YOUNG, ALIVE, IN LOVE (恋とマシンガン) / 磯崎健史×鈴木秋則(ex.センチメンタルバス)

5.SUMMER BEAUTY 1990 (ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画) / bice

6.3.A.M.OP (午前3時のオプ) / LISA

7.LOVE AND DREAMS ARE BACK / イノヒロキ (from YOGURT-pooh)

8.SENDING TO YOUR HEART (恋してるとか好きだとか) / RUMTAG

9.COFFEE-MILK CRAZY (コーヒーミルク・クレイジー) / SWINGING POPSICLE

10.BLUE SHININ' QUICK STAR (星の彼方へ) / Fleming Pie

11.AQUAMARIN (アクアマリン) / イノトモ meets lake


Flipper's Guitarとは

89年結成、91年解散。結成前にLollipop Sonicという5人組で活動。デビュー・ファーストアルバムリリースと同時にFlipper's Guitarとして小山田圭吾と小沢健二の2人組で活動。
近頃は、日産マーチのCF SONGとしてYOUNG, ALIVE, IN LOVE (恋とマシンガン) が流れています。
今となっては知らない人の方が多いのかもしれませんが...
よく考えるとFlipper's GuitarのCDをかれこれ10年以上聴いていることになります。いまだに聴いても楽曲としての古くささは感じません。10年以上飽きずに聴いている邦楽のアーティストはFlipper'sGuitarだけかもしれません。

というわけで話をこのAlbumに戻しますが、TributeAlbumの性格上、全然原曲とイメージが異なるものもありますのでFlipper's Guitarのオリジナル曲を聴いたことがない人は原曲を聴いてからの方がいいと思います。ちなみに私は1曲目と8曲目が好きです。違ったアレンジで聴くFlipper'sGuitarもなかなかいいものです。

ただこのアルバムの参加Artist達のコメントの中であまりFlipper'sGuitarのこと知らないって書いていた人がいるけどそんな人はそもそもTributeAlbumに参加すべきでは無いのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイトTRIBUTE TO FLIPPER’S GUITARへのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイトTRIBUTE TO FLIPPER’S GUITARへのトラックバック
スポンサーサイトTRIBUTE TO FLIPPER’S GUITARのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

やま

Author:やま

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター

CopyRight 2006 癇癪玉の憂鬱@FC2 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。