ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
法条 遙「リライト」「リビジョン」「リアクト」読了 
2014.06.15.Sun / 11:32 
  

1992年夏、私は10年後へと時を超えた。
2002年夏、10年前の私は現れない。
SF史上最悪のパラドックス
その完璧にして無慈悲な収束


こんな帯につられた買った「リライト」。一気に読み切ってしまいました。叙述トリックかと思いきやもっと込み入ったことになっていて正直読後感はいい物ではありませんでした。

その勢いで「リビジョン」へ。リライトよりも読みやすいもののこちらもタイムパラドックス部分がキモになるのかな。SFというよりもホラーでした。割と最初の方であれっ?と思ったところが結局伏線となっていました。「リアクト」まで読んだ後で読み返すとまた違った印象になるのかも。

シリーズ三作目「リアクト」。「リライト」「リビジョン」からのいろいろな伏線が明らかになりました。ある登場人物について
、リアクトを読んでからリライトを読むとまた違った印象を持つのかな。

4作目でどういった形でこのシリーズを収束させてくれるのか、今から楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト法条 遙「リライト」「リビジョン」「リアクト」読了へのコメント
   非公開コメント  
スポンサーサイト法条 遙「リライト」「リビジョン」「リアクト」読了へのトラックバック
スポンサーサイト法条 遙「リライト」「リビジョン」「リアクト」読了のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

やま

Author:やま

カレンダー
05 ≪│2017/03│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター

CopyRight 2006 癇癪玉の憂鬱@FC2 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。